913-0045
坂井市三国町南本町
3丁目6番51号
0776-50-3300

イベント・ニュース

EVENT/NEWS

「第5回 三國湊夜咄会」開催!

2019.01.31
  • プロジェクト
  • イベント

第5回三國湊夜咄会が1月27日(日)午前10時からUDCSにて開催されました。

 

今回は「UDCS裏の蔵の使い方を考えよう!」というテーマのもと、地域住民の方に多数お越しいただき、UDCS裏の蔵の使いみちや、日頃のUDCSの利用の仕方に関して様々な議論を交わすことができました。

 

▲矢吹チーフディレクターからの説明。

前半は矢吹チーフディレクターから、今回のワークショップを兼ねた夜咄会の概要や目的、蔵の改修プロジェクトについての説明がありました。

地区から見た蔵に求められる機能(以下)と、

 ・地域住民の憩いの場の提供

 ・世代間交流の促進

 ・来訪者も使える空間の創出

施設としての蔵に求められる機能(以下)。

 ・既存のUDCS施設ではできないことを実現する空間

 ・使いやすい駐車場の整備

 ・管理運営しやすい空間

これらを踏まえた上で、地域の人々にとって、また、外部からの来訪者にとっても、使いやすく、楽しめるような空間になるには?を考えていきます。

 

▲皆さん真剣に聞き入っています。

次に福井大学工学部建築・都市環境工学科の学生さんたちに、蔵の具体的な設計案について説明してもらいました。この蔵の改修プロジェクトには、福井大学3年生の建築ユニットSABの皆さんに協力してもらっています。

 

▲設計案について説明する髙橋くん(彼はUDCSのアシスタントディレクターでもあります)。

この説明を受け、後半は参加していただいた地域の皆様と、蔵の図面を囲みながらワークショップを行いました。

キッチンを作るならどの位置がいいか、どういう形がいいか、2階部分はどのように活用するか、など、様々な意見をいただきました。

 

▲皆さん活発に意見を述べてくださいました!

 

【皆さんから出た意見の例】

・キッチンがあるのは良い(皆で集まって料理ができる)

・駐車場を整備するなら、護岸通り側に看板を出してほしい

・ギャラリーがあるといい(趣味の展示)

・UDCSにもっとふらっと立ち寄れるような仕組み作りが必要

 

皆さんから得たご意見をもとに計画案を作り直し、蔵の改修を進めて参ります。それに伴い、このようなワークショップを、2月と3月にあと2回行いたいと思います。

次回第2回ワークショップ(蔵についての話し合い)は、夜咄会とは別に行われます。

詳細は以下のとおりです。

 

●日時:2月24日(日)10時-12時

●場所:アーバンデザインセンター坂井(三国町南本町3-6-51)

*どなたでも参加できます。

 

是非お越しいただき、皆さんのご意見をお聞かせください!!

コーヒーやお茶を用意してお待ちしております。